KBM™シリーズは、マシン自身が持つロータを保持するベアリングを使用し、ダイレクトにマシンに埋め込まれるように設計されています。これにより、ギアやプーリ、ベルトなどの結合部品が不要となるため、マシンサイズの小型化が可能となります。多くの標準型モータと高い設計自由度により、迅速かつコスト効率よく、マシンにジャストフィットするモータを選択頂けます。

  • ACサーボドライバ向けダイレクトドライブフレームレスモータ
  • ギアやプーリー、ベルトなどの結合部品が不要でバックラッシュも無いため、システムパフォーマンスの応答性が向上
  • ステータ巻線を完全にカプセル化
  • 内部の巻線温度155℃まで連続運転可能
  • アバランシェ型PTCサーミスタによる過負荷保護
  • ネオジウム鉄磁石を採用
  • RoHS準拠
  • ロータハブ寸法、スタックの長さ、直径、取り付け仕様、巻線、絶縁、接続タイプなど多くの選択肢
  • オプション
    • ラッチングデジタルホールエフェクトセンサ(工場出荷時にインストール)


↑をクリックしてください。KBM™シリーズダイレクトドライブフレームレスモータの
「プロダクツセレクタ(英語版)」がご利用頂けます。


↑をクリックしてください。「コルモーゲン KBM™シリーズセレクションガイド(英語版PDF)」がご利用頂けます。




Collaborative Robots(協働ロボット)
まるで同僚であるかのように働く協働型ロボットは、ロボット自身が学習し、新しいタスクに対応するように設計されています。人と一緒に働く協働ロボットには、最先端のサーボモータテクノロジからなる確かな安全性が求められます。人とロボットのコラボレーションは、包装やファクトリ・オートメーション、食品飲料加工、ライフサイエンス、医療などさまざまな業界に新たな機能と効率性をもたらします。
ブリスターパッケージングマシン
キャンディ生産装置
ダイレクトドライブフレームレスモータの強みは、接合部品が不要となることによる部品点数の削減と生産時間の短縮からなる「コストの削減」が見込まれる点にあります。上記2つのサクセスストーリーは、共に「コストの削減」が主題になりますが、同時にパフォーマンス自体も向上していることに意味があります。また、コルモーゲンは、お客様に対しての開発段階からのサポートや後のサービス体制も万全です。専門的な知識と技術を持ったスタッフが開発に関わることで、それに掛かる時間を大幅に短縮することも可能になります。

TBM™シリーズは、比較的小さく、コンパクトなフォームファクタで低電圧仕様のアプリケーション向けに設計されています。マシンにジャストフィットしたTBM™シリーズダイレクトドライブフレームレスモータは、多関節ロボット、医療ロボット、センサージンバル、誘導システムや他のモーションなどで最高のパフォーマンスを実現します。

製品の特長

  • DCサーボドライバ向けダイレクトドライブフレームレスモータ
  • ギアやプーリー、ベルトなどの結合部品が不要でバックラッシュも無いため、システムパフォーマンスの応答性が向上
  • 60mm〜129mmまで複数のフレームサイズ
  • 標準巻線の電圧は、24/48/96VDC
  • 低コギングデザイン
  • 内部の巻線温度155℃まで連続運転可能
  • 腐食防止のためにステンレス製ロータを採用
  • レーザーマーキングされた電機子
  • RoHS準拠
  • CE規格に準拠した定格電圧
  • オプション
    • カスタム巻線
    • ラッチングデジタルホールエフェクトセンサ(工場出荷時にインストール)


↑をクリックしてください。TBM™シリーズダイレクトドライブフレームレスモータの
「プロダクツセレクタ(英語版)」がご利用頂けます。


↑をクリックしてください。「コルモーゲン TBM™フレームレスモータセレクションガイド」がご利用頂けます。